🎀第19弾 ベトナムの伝統工芸 漆塗りしましょ👩🏻‍🎨🖼👩🏼‍🎨の巻 (9/29)

ハノイも最近肌寒くなってきて秋の訪れを感じます。
秋と言えば、、、運動の秋・食欲の秋…そして芸術の秋!
……という事で今回の真澄会はベトナムの伝統工芸 漆塗り体験です。
なんと今回はベトナムの漆塗り界の権威であるとてもすごい先生に指導してもらうことができました!
漆塗りはとても奥が深いため、普通は単発での教室は開催してもらえないのですが、今回は真澄会の為に特別に体験教室を開催してもらいました。
ありがたいお話です(TT)

ベトナムの漆塗りの特徴はまず何といってもその技法の多さにあります。ただ漆を塗るだけじゃないんですね。
塗って、削って、貼って、塗ってまた削る…なん十通りもの表現方法が存在し、それぞれが異なる表情を見せてくれます。
先生はまだまだ新しい技法を研究中だそうですよ!
今回は漆を塗る土台として、数種類の箱と板を用意して頂きました。
実はこの土台を作るだけでもものすごく手間がかかるらしいのですが、この工程を丁寧にしっかりこなすことによって、
出来上がった作品の持ちが良くなるそうです(^^)さっそく奥が深いですね!
先生からどんな技法や色があるか軽く説明を受けた後、自分たちで用意してきたデザインを見ながら早速下書き開始です!
その後は貝殻を貼ったり、卵の殻を貼ったり、銀箔を貼ったり...各々お気に入りの技法で漆を塗っていきます。 
漆が乾くまでは少々お時間かかるので後日受け取ることに。どんな仕上がりか楽しみですね!

漆塗りの後は恒例の俳句詠みです。今回皆さんに紹介したい俳句はこちら

 

 

木の実鳴る十の明かりぞ灯す朝 真澄
漆塗り越南の風木の実かな 美紀

 

 

次回の真澄会もお楽しみに♪

​★協力企業様★

真澄会への参加希望、ご意見・ご感想はコチラ